まりこ

記事一覧(10)

小学校のPTA

PTAって、どんなイメージでしょう?関わりたくない?一回は義務だから仕方なく…?大変な役はやりたくない?機械的なスピード、目に見えない電波の飛び交うスピード、ネットのスピード。目まぐるしく飛び交う情報、スピード社会の中 にどっぷりつかり、忙しくない人なんていないですよね。忙しいを理由にやらないっていうのは、もしかしたらPTAに関わる意義が見出せていないからかもしれませんね。どんなに忙しくても、出来る範囲で関わろうと思えるような意義を、自分の中に持っていれば、時間は自然と出来るような気がします。去年、知り合いから三役やらない?とお声がかかりました。えっ?私には無理…😱と思いながら、やった事のない未知の世界への魅力も同時に感じました✨そして、何より私に声をかけてくれたことがありがたかった😊誰かの役に立てる自分になるって、すごいこと。なるべく目立たないように生きてきた私の学生時代。学校との付き合いも薄かったなぁ。今、親になり改めて学校というものがまた身近になり、そして「今の私」が改めて学校を眺められる。先生とは、大人同士でいられる。PTAは、知ることから始まるなと感じています。他の三役さんを知ること。委員さんたちを知ること。隣接する中学校の三役さんを知ること。学校を知ること。学校の仕組みを知ること。細かな決まりを知ること。その中で働く先生方を知ること。ホメオパシーを学んでいく中、恩師からいただいた言葉。「知らないのだから、尊敬から入るしかない。」新しく出会った方々、みなさんの事を私は知りません。だから、みなさんのことを決めつけることなく近づいていこうとしています。なぜ、そうなっているのか?どこから、それが生まれているのか?その人はこの世界がどんな風に見えているのだろう?もっと良くなるために、私が出来ることは?ホメオパシーのセッションと同じですね。たった半年なので、まだまだ分からないことだらけです。その中で、出来る範囲で動いています。新しい場との出会い、新しい人との出会い。新しい体験との出会い。すべてが私を広げてくれます。また少し偏見が外れたと思います。私がより生きやすくなるために。PTAとしての一般的な役割へのやりがい以外に、自分自身の中に「何のためにやるのか」があれば、それはすべて自分へ返って来てくれますね。

しっかりと風邪をひくこと

次男がものすごく久しぶりに熱を出しました。今回特徴的だったのは、耳の痛み、喉の痛み、本人曰く尖ったものが刺さっているみたいに痛いと。冷たい飲み物を飲むと耳、喉の両方が痛む。鼻水、咳は無し。鼻詰まりのみ。今年は天候不順で小学校運動会が延期になり、そこでガクッ!と緊張の糸が切れたなと思っていましたが、更に停電で休校。お兄ちゃんと一緒に家にいる時間が長くなりケンカも多発して。イライラもMAX!だろうな、でもいつもより怒らないなーと思っていたのですが。ここで、本人の生命エネルギーがゆらゆら、ぐらぐらっと揺れていたのですね。それから、発症。熱が38.8度まで上がっても、朝には7度台を繰り返し、お休みの時間がありながら、3日間きちんと熱を出しきりました。3日目の朝レメディを摂った直後に耳が抜けた瞬間があり、そこから耳の痛みが軽くなり、喉の痛みも少なくなり、それと共に熱が落ち着いていきました。必要な時間、必要な熱が出て、終わっていくのだなということを再び教えてもらいました。そして、身体がスッキリして生まれ変わったように元気になった次男。最後に身体が元気になった昨夜は、寝ながらうなされて、泣き叫び。怒り。心もスッキリ。よかったね。すべて出せたね。夜中にギャーギャー言っても、これが今必要なことなんだ。この子は自分で落ち着くことが出来る、安心して出させてあげようと、見守ることができたのも、ホメオパシーを通じて学んだことがあったからでした。私の子育ての視点を変えて、楽にしてくれたホメオパシー。今月の講座「風邪、インフルエンザ」がテーマです。資料準備に入っています。実体験をお伝えできますね。

ホメオパシーで目指している世界観

講座を受けていただくと、それぞれに色々な印象を持たれることと思います。そしてそれは一人一人が違います。これがホメオパシーで大切にみていく「個別性」ということです。 今まで何を考えて生きて来られたのか、どうしても許せなかったこと、好きなこと、嫌いなこと、ホメオパシーの何に興味を抱いたのか、その方一人一人の感受性がどこにあったのか様々なことがその違いを生み出しますね。 セルフケア講座では、レメディの使い方という、いわゆる「やり方」も含めてお伝えしていきますが。そこに染み渡るホメオパシーの「考え方」、そしてそれを行う「自分の在り方」これらが一つのものとして統合されていくことを目指していきます。 最終的に私が目指しているのはレメディが「いらなくなる」世界です。すべてが自分の中にあったのだという大きな氣づきが一人一人の中に起こり、それぞれが自分で自分を癒せるようになること。そしてそれが周りへと派生し、「自分と他人」ではなく「自分と他の自分」なのだということを真に理解し、あらゆるもの・動物・鉱物・植物・そして人々の幸せを願う、穏やかに満ち足りた世界です。 そう簡単ではないですね、そうなれない私たち。みんなそういう意味では同じです。一人一人が良くなろう、もっと良くなろうとしている素晴らしい存在です。今よりもっと良くなっていける、そのために解決しなければならないことがあるからこそ、苦しみ・摩擦・葛藤がどうしても起こります。 症状、それ自体が良くなっていこうとしている過程であり、お知らせなのですが、なかなかそうは受け止められていないですよね。長く同じところに閉じ込められていたり、そこからより良い方向へ進むためにスイッチが必要な時は、レメディ(似たもの)に寄り添ってもらうことがまだ必要なのだと考えています。では、今日もホメオパシーはこうだ!と決めつけることなく、少しずつ、少しずつ近づいていきましょう。